2017年10月24日

アルファシステムズ(4719) 第2四半期累計期間の業績上振れ分を加味し、前回予想を上方修正



 アルファシステムズ(4719)は顧客から緊急対応を依頼された案件が発生し稼働率が当初計画を上回った。

 これにより、売上高、利益共に前回予想を上回る見込みとなった。

 通期の業績については、第3四半期以降の受注環境は堅調と予想された。
 当初計画した稼働を維持できる見込みである。

 このことから、第2四半期累計期間の業績上振れ分を加味し、売上高、利益の前回予想を上方修正すると報じられた。

 
 

     
posted by manekineco at 00:00| Comment(0) | 株銘柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。