2017年10月23日

SPK(7466) 円安でエンジン部品などの海外輸出も好調



 自動車部品商社の
   SPK(7466)
の17年4〜9月期は、連結営業利益が
   9億円弱(前年同期比+3割)
になったもようだ。

 これは従来予想(7億9000万円)を上回った。

 国内で消費者が自家用車を長く使う傾向が強まっており、ブレーキやクラッチなどの補修部品の販売が増えた。
 また、円安でエンジン部品などの海外輸出も好調だったと報じられた。

 
 

     
posted by manekineco at 18:00| Comment(0) | 株銘柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。