2018年01月30日

気密室に入れたサル10匹にアニメを見せながらVWのビートルから出る排ガスを吸わせる実験


 米紙ニューヨーク・タイムズ(New York Times)は、ドイツ自動車大手のフォルクスワーゲン(VW)、ダイムラー(Daimler)、BMWの3社が出資していた研究団体「運輸部門における環境と健康に関する欧州研究グループ(EUGT)」(現在は解散)が2014年に米国でサルを対象にした実験を行っていたと報じていた。
 
 同紙によると、実験は気密室に入れたサル10匹にアニメを見せながらVWのビートルから出る排ガスを吸わせるものだった。

 VWは先週末、この動物実験について謝罪したうえ同社は「いかなる形態の動物虐待からも明白に距離を置く」と言明していた。
 
 


 
 
   
posted by manekineco at 06:18| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。