2018年02月28日

AOITYOHD(3975) 17年も広告業売上高は概ね堅調に推移



 AOITYOHD(3975)は国内広告市場において、17年も広告業売上高は概ね堅調に推移した。
 
 テレビをはじめとする従来型メディアを通じた広告が横ばいまたは減少気味。
 
 一方で、インターネット広告が高い伸びを示す傾向が続いている。
 
 広告映像制 作事業の受注が堅調に推移するとともに、成長領域と位置づけるソリューション事業の売上高が増加した。
 
 ただ、昨年10月から始まったプリントレスが想定していたほど進まず、その影響が18年12月期へとずれ込む公算となった。
 
 このため、売上高・営業利益が前回予想を上回る見込み。
 
 純利益は、グループ事業の整理等に伴い税額減少が見込まれることから、前回予想を大幅に超過する見込みと報じられた。

 
 

    
posted by manekineco at 12:00| Comment(0) | 株銘柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。