2018年02月28日

海上で北朝鮮船舶の積み替え場面を撮影した写真を公開


 日本政府は中国・上海から東に約250キロメートル離れた海上で北朝鮮船舶の積み替え場面を撮影した写真を公開した。

  27日に日本の外務省と防衛省はホームページを通じ東シナ海上で海上自衛隊P−3C哨戒機が24日深夜に撮影した
   北朝鮮のタンカー
   モルジブ船籍のタンカー
が接近して物資を積み替える
   「瀬取り」の場面
を捉えたとして関連写真を掲載した。

  
 防衛省は北朝鮮のタンカーは「チョンマサン号」で、23日に米国が対北朝鮮追加制裁対象に発表した船舶。
 船体に書かれた船名を消しているのを確認したと説明した。

  日本政府が北朝鮮船舶の積み替え場面を公開するのは先月から4回目。

  北朝鮮船舶と第三国の船舶間の海上密輸は国連安全保障理事会の対北朝鮮制裁決議違反事案となる。

  日本当局は2隻ともにタンカーである点から推測して今回の取り引きを
   石油製品密輸
との疑いがある。

  毎日新聞は、日本政府がこうした事実を国連安全保障理事会の制裁委員会に報告し関係国にも情報を提供したと伝えた。

   
 
 

    
posted by manekineco at 19:57| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。