2018年03月08日

辞任したコーン氏の偉大な功績は税制改革

  
 元ゴールドマン・サックス・グループ幹部でトランプ大統領の経済顧問トップである
   コーン国家経済会議(NEC)委員長
がNEC委員長を辞任したことで、トレーダーは金融市場に再び混乱が訪れる悪夢が現実化することを確信しているようだ。
 
 これまで、米国債利回り上昇と保護主義のリスクで、株式ボラティリティーは過去1カ月で急上昇していた。
 
 
 スティーフル・ニコラス・アンド・カンパニー・インク マネージングのチーフ株式ストラテジスト
   バリー・バニスター氏
はメディアの取材でコーン氏の
   偉大な功績
は税制改革にあったと指摘した。
 
 海外の低めの法人税率に対応し、米国法人セクターを競争力のある立ち位置に戻したと続けた。


ひとこと

 目的達成で用無しになったようなトランプ政権の対応を考えておく必要があるだろう。
 リップサービスが多すぎるため、常に対応では警戒が必要であり、3段構えでいろいろなケースを考えておく必要がある。
 
 
  
 

     
posted by manekineco at 05:51| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。