2018年03月28日

北朝鮮の要人を乗せた特別列車が27日午後、北京駅を出発、帰国の途に就いたもよう。


 北京を訪問した北朝鮮の要人を乗せた特別列車が27日午後、北京駅を出発、帰国の途に就いたもようだ。
 
 メディアに公表されない隠密行動だが、この要人は金正恩朝鮮労働党委員長か、妹の金与正党第1副部長ら北朝鮮で最高クラスの人物である可能性が高いと推測される。
 
 金委員長であれば、2011年に最高指導者の座を継承後、初外遊となる。

 北朝鮮の要人は4月と5月にそれぞれ予定される南北朝鮮、米朝の両首脳会談より先に
   習近平国家主席
らと会談し、冷え込んだ中朝関係の改善を図ったとみられる。
  
 
 国務長官らに強硬派を起用した米国大統領
   ドナルド・トランプ氏
が率いる政権との交渉が難航した場合に備え、中国の後ろ盾を求めた可能性が高い。

 要人の一行は26日に特別列車で北京に到着した。
 香港メディアなどによると、同日中に人民大会堂で習指導部と会談したもようで、一行は釣魚台迎賓館に宿泊した。

 要人の車列は27日午前、北京市内を移動しており、北西部の「中関村」地区付近でも確認された。
 
 同地区はIT企業や研究所、大学などが集積する「北京のシリコンバレー」と呼ばれている。
  


   
   (出典:https://www.youtube.com/embed/TVUxgQeE_tQ
 
 
 中国側は文化大革命後のケ小平が積極的に経済力を高めるため、外国資本の活用など
   改革・開放政策導入
から40年で飛躍した姿を北朝鮮指導部に誇示し、同様の路線を歩むよう促す狙いがあったようだ。

 北朝鮮要人の北京入りは世界的に報道されている。
 
 ただ、中国公安当局の指導があるためか中国メディアではこの情報は報じていない。
 
 27日の中国各紙では、北朝鮮絡みの記事が封印された。
 
 故・金正日総書記の訪中時、全日程終了まで報道を控えた前例を踏襲し、情報統制していると見られている。




   
posted by manekineco at 08:00| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。