2018年05月03日

非核化の意味が根本的に異なっており、米朝会談で平和的に前に進む可能性はない?


 
 韓国の国民にとっては北朝鮮との
   平和協定
の意味は、生活環境の変化はなくそれほど実感できないだろう。
 
 ただ、国家体制として全体主義と同様の先軍政治体制が最優先されている北朝鮮においては
   軍備力の増強
への資金シフトを協定の締結などにともない、経済制裁を排除することで低下させることが可能となるため、完全に違うものとなり、経済的な余裕を作りだすことになる。
   
   
   
    

 これまでの戦争を終わらせた
   金正恩同志
に対する北朝鮮の共産党員の多くの住民の
   畏敬の念と忠誠心
はより強まる可能性が高く、支持者が増える効果をもたらしかねない。
  
 そのため、米朝首脳会談については、両国首脳が考える
   非核化の意味
が根本的に異なっているため、リスク排除などの取り組みとして
   大きな成果
を出すことは難しい見通しだ。
 
   
   
   
    

 
 北朝鮮は核兵器を保有したままで朝鮮半島や東南アジアに配備された米軍の
   「核の傘」の除去
を念頭に置いているのは明らかであり、朝鮮戦争時の不意打ち的な侵攻を行った金日成の行動と同様の動きを突然起こすことも可能性としてあることも認識しておくことが必要だろう。
 
 そもそも、トランプ氏が率いる米国は北朝鮮の
   核の脅威の悪癖を直すこと
だけを考えているため、米朝会談で核の脅威の除去における波長が合うわけが元々ない。
 7年前の2011年の閏月合意(Leap Year Deal)で、北朝鮮は米国に
   非核化
を約束していたが、間もなくして
   衛星発射
と言い張って大陸間弾道弾として利用可能なミサイルを発射した。
 
 そもそも、北朝鮮指導者の平常の目的は
   権力維持
そのものであり、この目的によって北朝鮮は動くのが基本となっている。
 
   




    
posted by manekineco at 19:55| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。