2018年05月03日

北朝鮮に頭を下げるほかないという誤ったシグナル



 北朝鮮の独裁者
   金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長
は南北会談の開催で「板門店宣言」を発表したが、その中で
   非核化の意思
を明らかにした。
 
 その後、北朝鮮内部では
   核プライド
なるものが極限に達しているという。
 
   
   
   
    

 国連の経済制裁を受けながら、核兵器の開発や大陸間弾道ミサイルの性能向上の取り組みを推し進めたことで
   全世界を核で恫喝
したことで
   世界的強大国
になったと宣伝し、米国との直接交渉に結び付けたという歪んだ自信が芽生え始めている。
  
  
 メディアによるとジン・リー元AP通信平壌(ピョンヤン)支局長が1日、大韓民国の日刊新聞(朝刊)
   東亜日報
との電話インタビューで、北朝鮮の知人たちから聞いた情報によると
   北朝鮮の住民
は自分たちの指導者が米大統領と会うほどの位置まで上がったことを必然の結果と感じていることを明らかにしたという。
 
   
   
   
    

 最強大国の米国でも
   自主的な核能力
を確保した北朝鮮に頭を下げるほかないという誤ったシグナルを作りだしているという。


 


   
posted by manekineco at 20:46| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。