2018年05月14日

インド特殊部隊 毛沢東主義ゲリラのキャンプを急襲


 インド西部マハラシュトラ州の奥地にある密林で、特殊部隊が
   毛沢東主義ゲリラ
のキャンプで2日間にわたり展開された戦闘により、少なくともゲリラ兵37人が死亡した。
 
 現地警察当局が24日、明らかにした。

 
 同州で反毛沢東派作戦を率いる
   シャラド・シェラール氏
がメディアの取材に対し、今回の新たな急襲作戦に伴い、ガドチローリー地区で23日夜に発生した銃撃戦によって女性4人を含めたゲリラ兵6人が死亡したことを明らかにした。

 また、州都ムンバイから東へ約900キロ離れた場所にある野営地から、警察が武器や弾薬を押収したと述べた。


 警察によると、22日に特殊部隊が森林地帯にあるゲリラのキャンプを包囲し、約100人のゲリラ兵と戦闘を繰り広げ、作戦終了後に現場から遺体16体を収容し、その後けがが原因で、もしくは溺れて死んだとみられるゲリラ兵15人の遺体を、付近を流れる川から引き揚げたという。

 なお、死亡したゲリラ兵の多くは女性だったという。
 
 
 
   


   

posted by manekineco at 05:43| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。