2018年05月22日

舐めた行動で自滅を早める北朝鮮



 米国共和党上院議員の
   リンジー・グラハム氏
は21日、米フォックスニュースに出演し「3日前にトランプ大統領に会った」ことを明らかにして「北朝鮮が会談会場に現れてトランプ大統領をもてあそぶのなら、残るのは軍事衝突であり、負けるのは彼らだ」と話した。


   
   

 さらに、トランプ大統領は最初の任期(2020年まで)中に米国本土に対する北朝鮮の脅威を消滅させるだろうと語った。 
 仮に戦争が起きる場合、中国の裏庭で起きるだろうとも述べた。

 この発言について韓国文政権の関係者は、メディアの取材で米国内で
   北朝鮮の非核化の意思
と米朝首脳会談に対する懐疑論が高まっているため、文大統領が
   金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長
に直接確認した非核化の意思について説明する予定と話した。



ひとこと

 自爆的な行動や発言はいつまでも聞く訳にはいかない。


 

  

   
  
posted by manekineco at 15:00| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。