2018年05月29日

自衛隊の基地周辺にも大勢の中国人女性スパイが潜伏


 雑誌『週刊大衆』は4月17日、作家でフリーランスの記者でもある時任兼作氏の話として中国が日本に送り込んでいるスパイは5万人に上り、ターゲットには自衛官も含まれていると伝えた。


 自衛官にハニートラップを仕掛けて情報を得て問題が発覚したこともあるが、巧妙に自衛官と結婚して妻になったものもいるという。


 実際、外国人妻を持つ自衛官約800人のうち、7割の妻が中国人となっている。

 中国のスパイは中国大使館のある東京、そして中国領事館のある札幌、新潟、名古屋、大阪、福岡、長崎をベースに活動している。

 また、中華街の実力者もサポートして、中国人留学生や政府関連部門のスタッフ、学者、文化人、飲食店の店員、スナックの女性、風俗嬢など様々な姿で日本社会に侵食し、世論をコントロールしてきている。


 日本国籍を取得し日本人に成りすまし、日本中に巨大なスパイネットワークを構成し、情報収集などの諜報活動を行っている。

 同誌では、自衛隊の基地周辺にも大勢の中国人女性スパイが潜伏していると報じた。

 例えば、雨の日に偶然出会ったふりをして、傘の貸し借りを通じて自衛隊員に接近していく手法などだ。


 日本の警察関係者の話では、女性スパイは沖縄の普天間基地・辺野古移設問題にも絡んでおり、防衛力の低下に野党政治家や市民団体を活用して無防備あるいは抵抗なく侵攻できる下地を作り上げたうえ、「中国は今、沖縄諸島を狙っている」と策謀があるという。


 世界制覇を目論む中国当局は日本以外にも膨大な数のスパイを世界各国に潜入させたうえ
   軍事やビジネス、法輪功
の情報などあらゆる情報を収集している。
 そのため、各国もこの動きに常に警戒している。

  




  

posted by manekineco at 19:52| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。