2018年06月25日

貿易摩擦を世界的な貿易戦争にエスカレートさせる動き

  
 
 トランプ米大統領は、22日、ツイッターで「米国と偉大な米企業、労働者に対し、欧州連合(EU)が昔から設けている関税や貿易障壁を踏まえ、そうした関税や障壁が早急に取り除かれない場合、われわれは米国に入ってくるEUの自動車全てに20%の関税をかける。ここで生産しろ!」という記事を投稿した。


   


 欧州連合(EU)が
   米国製品に対する関税や
他の貿易障壁を「早急に」取り除かない場合、欧州域内から輸入する
   全ての自動車に20%の関税
を賦課する考えを示した、貿易摩擦を世界的な貿易戦争にエスカレートさせる動きだ。
  
 この日のフランクフルト市場ではフォルクスワーゲン(VW)やダイムラー、BMWの株価が下落した。
  

 EUは同日、28億ユーロ(約3590億円)相当の米国製品に対する関税を発動した。
 米国がEUから輸入する鉄鋼とアルミニウムに関税をかけたことへの対抗措置だ。


 EUの措置には、ハーレーダビッドソンのオートバイやリーバイ・ストラウスのジーンズ、バーボンウイスキーなどへの25%の関税が含まれる。
 対象品目はさまざまな品種のトウモロコシやコメ、オレンジジュース、紙巻きたばこ、葉巻、Tシャツ、化粧品など合計で約200品目に及ぶ。
  


ひとこと

 米国の傲慢さを表すものだ。
 第二次世界大戦後に莫大な利益を一方的に享受し栄華を謳歌したが、所詮は成り上がりもの国家でしかない。

 日本人を毛嫌いしたルーズベルトの謀略に乗せたれて引き込まれ、海外植民地を全て失った無能な対応が問題であった。
 そもそも、そうした国力を縮小させた事態に陥らせたうえ戦犯となっている一部軍人を祀るのは本末転倒だろう。 






   
posted by manekineco at 00:00| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。