2018年06月25日

国境地帯から離れた地域にある数か所の基地に10万人以上の移民を収容する施設の建設を計画


 米国大手メディアのタイム(Time)誌は22日、米海軍が米大統領の
   ドナルド・トランプ氏
が主張してきた不法入国者を厳格に取り締まる
   「ゼロ・トレランス(不寛容)」政策
を支援するため、国境地帯から離れた地域にある数か所の基地に10万人以上の移民を収容する施設の建設を計画しているとの草案を入手し報道した。


 この草案によると海軍は、アラバマ州にある現在使用されていない飛行場3か所に
   簡素な仮設のテント村
を設置してここに不法移民を計2万5000人、サンフランシスコ近隣の施設に4万7000人、さらにカリフォルニア州南部の訓練施設に4万7000人を収容する計画という。


 同草案では、2万5000人を6か月間以上収容する施設の推定運営費は2億3000万ドル(約256億円)とされている。


 この件に関してコメントを求められた米国防総省の
   ジェイミー・デービス(Jamie Davis)報道官
は、万一、
   国土安全保障省
から、成人の不法移民用の収容施設に関して協力を求められた場合に備え、国防総省としては、計画を慎重に進め、全国にある国防総省の軍事施設を検討していると明らかにした。

 一方で、これまでのところ、国土安全保障省から収容施設に関する支援要請はないことも明らかにした。
  
   

ひとこと

 ルーズベルトの排日政策と同じ様相ともいえる。
 単純に民主主義・自由・平等なども白人についてのものでしかない。

 南アフリカのアパルトヘイト時代に黄色い白人として対応されたのが良いのかどうか...
 黄色い白人は白人ではないという意識がないのはお粗末なものだ。

 働き方改革が新たな奴隷制度と同じものであり、低額のホワイトエグゼプションを金額を問題とせず、大幅に最低金額を引き上げさせない野党の思考も不平等を拡散するものでしかない。

 そもそも累進課税が不平等ともいえるものでしかない。

  
 
   

  
posted by manekineco at 05:57| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。