2018年06月28日

ジョージ・ソロス氏 訴訟ファイナンスの分野に進出



 ポンド売りで莫大な利益を上げた資産家で著名投資家の
   ジョージ・ソロス
のファミリーオフィスである
   ソロス・ファンド・マネジメント
   アポロ・キャピタル・マネジメント
は、これまでヘッジファンドがほとんど参入していないニッチな
   訴訟ファイナンス
の分野に進出するという情報が明らかになった。


   

 
 ベンチ・ウォーク・アドバイザーズのマネジングディレクター
   エイドリアン・ショパン氏
はメディアの取材で、過去のデータを見る限り、将来の和解や裁判の決着で得られる成果の一部と引き換えに
   人身傷害訴訟
の原告に提供される小口融資を束ねるビジネスは
   比較的低いリスク
で年間約20%の平均リターンが期待できると指摘した。
 
 なお、問題があるとすれば、これらの格付けが今のところ得られない点だと続けた。


 
 

   
 
     

    
posted by manekineco at 05:33| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。