2018年06月29日

勝てば官軍


 サッカーワールドカップ、ロシア大会で日本がポーランド戦の
   終盤に時間を稼ぐ戦術
をとったことについて、海外メディアからは批判の声が一部から聞かれたが問題などない。
  
 
 イングランド・プレミアリーグでプレーした
   レオン・オズマン氏
はメディアの取材で日本とポーランドの試合展開について、「恥ずべきことだ。両チームが最後の10分間に行ったことは、ワールドカップでは見たくないものだった。まさに茶番だった」と主張した。



ひとこと

 勝利の手法は問題ない。
 勝手気ままな批判を取り上げたとしても、過度に意識する必要はない。

 過去の栄光に酔いしれても...
  

 
   

    
  
posted by manekineco at 08:00| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。