2018年07月22日

経済ナショナリズム


 
 米ニュースサイト「デーリー・ビースト(Daily Beast)」は20日、ドナルド・トランプ政権の元首席戦略官・上級顧問
   スティーブ・バノン氏
が、欧州で右派ポピュリスト勢力を支援する
   「ムーブメント(The Movement)」
という財団の設立を計画していると報じた。


 デーリー・ビーストによると、バノン氏の構想においてムーブメント財団は、米国の富豪
の慈善団体「オープン・ソサエティー財団(OSF)」の対抗勢力となるという。

 ソロス氏は1984年以降、320億ドル(約3兆5000億円)をリベラル派の活動に提供してきた。


 ムーブメント財団は、世論調査やメッセージの発信に関する助言、データから戦略を構築する
   「データ・ターゲティング」
やシンクタンクの調査研究活動などの主要な情報源となることを目指している。


 バノン氏はデーリー・ビーストに対し、数十年にわたって続いてきた
   欧州の統合
は右派ポピュリストのナショナリズムが湧き起こり、それが支配的になることや、各国が独自のアイデンティティーと独自の国境を持つようになると述べ、今後数年で終わると断言した。


 バノン氏は欧州各地で右派勢力の指導者と会談したことも明らかにした。

 西欧では、マリーヌ・ルペン(Marine Le Pen)党首率いる国民連合(RN、旧国民戦線)のメンバーや英国の欧州連合(EU)離脱、通称「ブレグジット(Brexit)」推進派の急先鋒(せんぽう)となったナイジェル・ファラージ(Nigel Farage)氏と、東欧ではハンガリーの過激な民族主義者であるオルバン・ビクトル(Orban Viktor)首相やポーランドのポピュリストたちと会談した。


 ムーブメント財団は当面の間、ベルギーのブリュッセルに拠点を置き、2019年に予定されている欧州議会選を視野に活動していく方針。


 米大統領選でトランプ氏のナショナリズムとポピュリズムを掲げた選挙運動を主導し、勝利の立役者とされるバノン氏はかつて「暗黒の王子」や「影の大統領」といった異名で呼ばれていた。


 バノン氏のアイデアの多くは政敵によってつぶされた。

 ただ、同氏が提案した
   経済ナショナリズム
は、トランプ政権の政策の要となって活発化させており、世界経済に影を落としている。

 他の大統領顧問らと絶えず衝突していたバノン氏は
   ジョン・ケリー(John Kelly)首席補佐官
が就任すると職務の継続が困難な状況に陥った。

 バノン氏と極右のつながりに対しトランプ大統領が
   レイシスト(人種差別主義者)
を助長しているとの非難の声が上がった。

 リスクの芽とされたバノン氏は昨年8月、ホワイトハウス(White House)を去った。


 
 


   
posted by manekineco at 20:56| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。