2018年07月31日

4−6月(第2四半期)国内総生産(GDP)速報値が4年ぶりの高成長


 米国大統領の
  ドナルド・トランプ氏
は27日、ホワイトハウスで会見し、4−6月(第2四半期)国内総生産(GDP)速報値が4年ぶりの高成長を示したことに対し、「次々と貿易交渉がまとまるにつれ、これよりずっと高い数字になるだろう。この数字はすごい」と自画自賛し、米経済は年率3%を超える成長ペースに乗っていると述べた。
 
 第2四半期の米実質GDP速報値は前期比年率4.1%増と、2014年以来の高い成長率となった。
 
 レーガン政権以来で最大規模となった税制改革が、個人消費と企業の設備投資を押し上げたと考えられる。
 
 このGDP統計はトランプ氏に政策成功を自賛する機会を与えたが、米中貿易戦争激化とロシア問題への米国民の批難は消えることはない状況であり一時的な数値でしかないだろう。




   

     
posted by manekineco at 04:00| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。