2018年07月31日

トランプ政権が検討している輸入車の関税引き上げへの対応策を協議


 米国大統領の
   ドナルド・トランプ氏
が率いる政権が検討している輸入車の関税引き上げへの対応策を協議するため、日本やヨーロッパ連合(EU)などは31日、スイスのジュネーブで次官級の会合を開催する。


 トランプ政権は、安全保障上の脅威になっているとの理由から、輸入される自動車や部品などの関税を引き上げる措置を検討している。
 会合では、米国の措置を防ぐ対応策や、仮に米国が措置を発動した場合、世界貿易機関(WTO)のルール上、どのような対抗策を取り得るかなどを協議する予定。

 また、日本としては、今月25日に開催された
   米欧首脳会談
についてEU側から詳しい説明を受けることで、来月にも開かれる見通しの米国との新たな通商協議「FFR」の準備にも反映させたいとの意向がある。

 
 

   

posted by manekineco at 07:00| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。