2018年08月23日

軍師とは


軍師

 西欧の軍制度における参謀などと異なり
   軍司令官的な存在
とも対等、あるいは上位の関係にあり、顧問的な立場であった。

 王朝成立間際の時代においては君主の師匠扱いもされ、君主より上位の存在の場合すらあった。


 軍師像としては、師匠は弟子よりも上位とする
   儒教道徳的な考え方
に基づくもので、実際に軍司令官的存在に対し、上位の立場で
   軍事にのみ助言
する軍師という存在は
   三国志演義
   水滸伝
や日本の戦国時代を基に作られた軍記物などの創作(フィクション)の世界によって創作された部分が大きい。

 軍師の代表例とも言えるのが三国志時代の諸葛亮(諸葛孔明)だが、政治・軍事の枠を超えて蜀のほとんどの分野に関わった人物としても知られる。

 軍政両面に権限を持った人物が、軍事に専従する人物よりも上位にあったことも多く、愚帝が譲位することも多く見られた。
   
   
   
   
posted by manekineco at 21:57| Comment(0) | 語彙・語句・ことわざ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。