2018年08月31日

北朝鮮問題を巡って韓国との間に亀裂が生じているとの報道


 
 米国務省のナウアート報道官は29日の記者会見で、北朝鮮問題を巡って韓国との間に亀裂が生じているとの報道について、こうした報道は誇張しており「現実はそうではない」と述べた。

 また、「われわれは韓国と緊密に調整している」と述べ、「韓国や日本などの支援がなかったら北朝鮮と対話をしているこの地点まで到達できなかった」と強調して「常に情報を共有している」と述べた。


 今月に就任した
   スティーブン・ビーガン北朝鮮担当特別代表
が訪朝する可能性については、「数週間内に別の国のカウンターパートに会うため、その地域を訪問する」と述べ、韓国や日本などを訪れる見通しを示した。


 
 

    
posted by manekineco at 06:10| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。