2018年09月04日

トランプ大統領の仕事ぶりを評価しない米国民は60%

   
 ワシントン・ポスト(Washington Post 米紙)とABCニュースが実施した最新の世論調査によると、米国大統領の
   ドナルド・トランプ氏
について、米国人の60%が仕事ぶりを評価せず
   半数近くが弾劾を支持
していることが、8月31日に発表された米世論調査で明らかになった。
 なお、トランプ大統領の仕事ぶりを評価するとした回答者は36%だった。
 
 4月に行われた前回の調査では、トランプ大統領の支持率は40%だった。
 そのうち、今回の調査で56%が支持しないと回答していた。
 
 
 また、議会はトランプ大統領の
   弾劾手続き
に着手すべきかとの質問には、49%がすべきと回答した。
 一方で、46%がすべきでないとした。
 今回の調査は、調査は8月26〜29日に実施したもの。
 
 
 この週には、2016年米大統領選でトランプ陣営の選対本部長を務めた
   ポール・マナフォート(Paul Manafort)被告
が虚偽の所得申告や銀行詐欺などの罪で有罪評決が下された。
 
 さらに、長年にわたって大統領の顧問弁護士を務めた
   マイケル・コーエン氏
が、トランプ氏と不倫関係にあったと主張する女性らへの口止め料の支払いを認めていた。
 成人1003人を対象に実施された調査の誤差の範囲はプラスマイナス3.5%という。



ひとこと
   
 米国民の支持を失い、弾劾裁判に進んでいるトランプ氏に媚を売る首相では、米国民の反感の対象になりかねず日本の国益を殺ぎかねない状況になりつつある。
  
  
   

   
  
 
posted by manekineco at 09:00| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。