2018年09月03日

幼稚な対応が墓穴を掘っているのかも。

  
   
 米国ホワイトハウスは、マケイン上院議員が亡くなったのを受けて半旗を掲げた。
 ただ、27日、異例の早さでそれを取りやめて、批判を受けたため、その日のうちにまた半旗に戻した。
 
 トランプ大統領が政治的に対立していたマケイン議員に十分な弔意を示さなかったという批判が尾を引く可能性がある。
 今月25日に亡くなったマケイン上院議員は、与党・共和党でありながらトランプ大統領の外交や移民政策を厳しく批判し、両者は対立してきた。
 
 ホワイトハウスは、マケイン氏が亡くなったのを受けて形式的に半旗を掲げたものの、27日、それをやめてしまい、通常の高さに戻した。
 
 
 これまでホワイトハウスでは、上下両院の議員が亡くなった日の翌日まで半旗を掲げることが法律で定められている。
 ただ、実際には埋葬まで半旗を掲げることがほとんどであり、異例の短い半旗掲揚への対応について、メディアや退役軍人から批判が高まった。
 この批判をかわす為か、トランプ大統領は27日午後、声明を出したうえ、マケイン氏の埋葬の日までホワイトハウスで半旗を掲げるよう指示し、再び半旗が掲げられた。
 また、大統領は、ホワイトハウスでの会合で「マケイン氏が国のために貢献したことに感謝している」と述べたものの、政治的に対立していたマケイン氏に十分な弔意を示そうとしなかったという批判が出ている。
 
 
ひとこと
 
 トランプ大統領の周辺への捜査が進んでおり、起訴された被告も出始めている。
 謀略的な批判を繰り返すが、素行や発言の悪さが信用を失墜しており支持率が低下してきている。
 
 起死回生の軍事行動でも、亡くなったマケイン氏への対応を見ればマスコミへのリークで丸裸になりかねない。
 情報機関との対立も米国の国益を害するものであり、弾劾裁判になったのちのトランプ帝国は風前の灯となり果てかねない。
 
 こうした米国政権に媚びる日本の政治家では話にもならない。
  

 



     
posted by manekineco at 05:00| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。