2018年09月08日

「闘う指導者」像


 韓国のリバティ・コリア・ポスト(LKP)は3日、北朝鮮当局が最近、金正恩党委員長の命を狙う
   「平壌―新義州スパイ団」
を摘発したとの噂を流しているとする記事を掲載した。
 
 この記事によれば今年4月、国家安全保衛省(秘密警察)傘下にある大学で開かれた保衛イルクン(幹部)大会で、8人が
   共和国英雄
の称号を受けたと伝えた。
 
 この授与が、金正恩氏の暗殺を狙う動きを阻止したことによるものとされている。

 
 北朝鮮の金正恩氏のパフォーマンスでは
   身辺の安全
に気を使ったうえ、このようにリスクも冒しながら、指導者としての威信を高めてきたのだ。
 北朝鮮当局が流している噂は、金正恩氏が露出する9日の
   建国70周年記念行事
を前に、社会全体の
   警戒心を
高めておく目的が大きい。
 
 同時に、絶えずこのような噂を流すことで、金正恩氏の
   「闘う指導者」像
をアピールする狙いもあるといった見方もある。
 
 
  
 

   
posted by manekineco at 17:31| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。