2018年09月26日

対等との思い上がり?


 
 英国のメイ首相は首相官邸で21日、オーストリアでの欧州連合(EU)非公式首脳会議で自身が提案した英国のEU離脱方針が拒否され、交渉が行き詰まったことについて
   「詳細な説明や対案なしに相手側の提案を拒否するのは受け入れられない」
と述べ、EU側に対案を示すよう要求したとの声明を発表した。
  

 トゥスクEU大統領は首脳会議終了後の20日の記者会見で、メイ氏が示した英EUの
   「モノの自由貿易圏」構想
について、EUの
   単一市場の原則
とかみあわない部分があり、「機能しない」と述べ、英国側に10月のEU首脳会議までに新たな案を示すよう促していた。
 

ひとこと

 交渉では対等との考え方もあるが、一方的な離脱宣言を行った英国に対して、妥協する可能性は低い。


 
  


    
posted by manekineco at 00:00| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。