2018年09月25日

原油 一時1バレル=82.2ドルを突破


   
 欧州の代表的な原油指標である北海ブレント原油先物相場は25日、11月渡しが一時
   1バレル=82.2ドル
に達し、2014年11月以来、約3年10カ月ぶりの高値水準となった。
 
 イラン産原油を狙った米国の制裁再開が11月に見込まれており、安定供給に対する懸念が広がった。
 
 主要産油国が23日の会合で増産などの踏み込んだ対策を打ち出さなかったことも投資家の不安をあおった。


 石油輸出国機構(OPEC)のバーキンド事務局長は25日、マドリードで講演し
   「危機の連鎖」
に陥らないよう、OPEC加盟国と非加盟国が力を合わせることが重要と述べた。
 
 
   

     

   
posted by manekineco at 20:08| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。