2018年09月27日

英国の平均寿命(出生時の平均余命)の伸びが1982年以来初めて止まった。

 
  
 英国家統計局(Office for National Statistics)は25日、英国の平均寿命(出生時の平均余命)の伸びが1982年以来初めて止まったことを明らかにした。
 
 また、スコットランドとウェールズでは減少に転じた。
 マンチェスター大学(University of Manchester)の
   キングスリー・パーダム(Kingsley Purdam)上級講師
は英国メディアのBBC放送に対し、「貧困や緊縮政策、公共サービスへの歳出削減が、英国人の平均寿命に影響している」と指摘した。
 
 
 
 

     
    
posted by manekineco at 04:53| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。