2018年10月09日

メコン川流域5か国への中国の影響


 日本と東南アジアのメコン川流域5か国による
   日メコン首脳会議
が9日午前、東京・元赤坂の迎賓館で開催、安倍首相が掲げる「自由で開かれたインド太平洋戦略」の実現などを盛り込んだ
   共同文書「東京戦略2018」
を採択した。
 首脳会議には、安倍首相のほか、タイのプラユット暫定首相、ベトナムのフック首相、カンボジアのフン・セン首相、ラオスのトンルン首相、ミャンマーのアウン・サン・スー・チー国家顧問が参加した。

 冒頭のあいさつで、「メコン地域は東アジアと南アジアを結ぶ回廊であると同時に、太平洋とインド洋等を結ぶ陸の橋でもある」と述べ、日本として今後も経済支援を続けていく方針を安倍首相が表明した。


 共同文書は、中国が南シナ海で人工島の埋め立てを進めていることなどを念頭に、「緊張を高め、平和と安定を損ない得る、地域における埋め立てや活動を含む南シナ海の状況への懸念に留意」と表明した。
 
 
 北朝鮮に非核化に向けた具体的な行動をとるよう求めたうえ
   日本人拉致問題
の解決に対処することの重要性も確認した。
 
 
   


   
posted by manekineco at 20:47| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。