2018年10月17日

シアーズ(Sears)が倒産


 米国小売りチェーンで創業1886年という歴史ある
   「シアーズ(Sears)」
が15日、連邦破産法11条(日本の民事再生法に相当)の適用を申請し、150近い店舗を閉鎖すると発表した。

 品ぞろえを誇る百貨店業の草分けとして、20世紀半ばまでに北米各地で店舗網を拡大し、業界の王者として君臨してきたが、ネット社会の拡大によりアマゾン・ドットコム(Amazon.com)といったインターネット通販の興隆を一因とする小売業の淘汰が進む中、同社は数百もの店舗を閉鎖していた。

 シアーズホールディングスは声明で、「当社および一部子会社は、連邦破産法11条に基づき、ニューヨーク州南部地区(Southern District of New York)の破産裁判所で自己破産を申請した」と発表した。
 
  
     
posted by manekineco at 01:00| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。