2018年10月19日

治安回復はまだまだ


 アフガニスタン南部カンダハル州で18日、同国駐留米軍の
   スコット・ミラー(Scott Miller)司令官
と地元治安当局高官らを狙った銃撃があった。
 
 旧支配勢力タリバン(Taliban)が犯行声明を出したこの襲撃では州警察長官を含む少なくとも3人が死亡した。
 
 なお、ミラー司令官にけがはなかった。


   

   
 アフガン政府は情勢不安が続く南部の安定化に向けた取り組みを迫られている。
 
 また、タリバンに対し和平交渉と20日実施の下院選挙への参加を促す米国の取り組みに支障が出る恐れも浮上した。
 銃撃は、カンダハル市内にある
   厳重に警備された政府施設内
で発生した。
 
 高官らが開いていた治安対策会議が標的となった。
 
 
 アフガニスタンと北大西洋条約機構(NATO)の当局者らによると、州知事の護衛1人が発砲し、対タリバン作戦を主導してきた
   アブドル・ラザック州警察長官
と州情報機関の長官、アフガン人記者の計3人が死亡した。
 
 また、米国人2人と州知事を含む13人が負傷した。
 アフガン軍参謀長は記者団に対し「州知事の護衛による攻撃は会議の終了直後、人々が建物から去ろうとしているときに発生した」と語った。
 
 タリバンはツイッターへの投稿で、銃撃の標的はミラー司令官とラザック長官だったと主張した。 
 
    
 
  



    
posted by manekineco at 19:15| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。