2018年10月21日

中国の核搭載可能な新型ステルス戦略爆撃機が近く試験飛行


 
 
 中国国営中央テレビ(CCTV)は中国が開発を進めてきた核兵器の搭載が可能とされる
   最新鋭ステルス戦略爆撃機「H20」
を最近、ドキュメンタリー「永遠の軍魂」第3話で取り上げて放映した。


   
   
 
 番組では「30年弱の追跡を経て、中国の航空産業は大きな進歩を実現し、航空新装備品が次々と誕生していると指摘した。
 
 大型輸送機Y20、第4世代ステルス戦闘機J20が正式に配備され、新型長距離戦略爆撃機H20の開発に重大な進展があったと続けた。
 
 中国空軍は正式に『20時代』に入った」などと伝えた。
 
 試験飛行には米国との関係が激しくなる一方の
   貿易戦争
などで悪化する中、対決姿勢を示す意味合が強い。
  
   
 中国網によると、中国が新しい長距離爆撃機を開発していることが明らかになったのは2016年9月。中国空軍の
   馬暁天司令(当時)
が空軍開放イベントでメディアから中国の未来の爆撃機の発展に関する質問を受けた際に
   「中国空軍は次世代長距離爆撃機を発展中」
と回答した。
   
  
   

   
 中国空軍が次世代爆撃機の開発に言及したのは初めてだった。
 
 中国航空工業集団は今年5月8日、宣伝動画「大国の離陸」を発表した。
 宣伝動画の最後では全体が布で覆われた新型機の輪郭の写真が公開され、この新型機がH20とされている。
 H20は米空軍のB2爆撃機と同様の尾翼のない全翼機で、武装など詳しい性能などはベールに包まれている。
 
 ばお、通常兵器と核兵器の両方の運用が可能という。
 
 
 
  
posted by manekineco at 04:57| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。