2018年10月23日

結果オーライになるかどうかは疑問


 
 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)が9月の首脳会談で署名した平壌共同宣言と、南北が締結した
   「板門店宣言の履行に向けた軍事分野合意書」
の批准を韓国政府が23日に閣議決定する見通しであることが22日、分かった。

 韓国政府関係者によると、平壌共同宣言と軍事分野合意書は4月の南北首脳会談で署名された「板門店宣言」とは異なり、国会批准は必要ないという法制処(日本の内閣法制局に相当)の判断に従ったものとのこと。

 政府関係者によると、平壌共同宣言は板門店宣言の履行という性格が強い。


 なお、板門店宣言がすでに国会で批准同意の手続きを踏んでいるため法制処がこのように判断したという。
 また、南北関係発展に関する法律では「国会は国や国民に重大な財政負担を負わせる南北合意書または立法事項に関する南北合意書の締結・批准に対し同意権を持つ」と定められている。

 ただ、軍事分野合意書はこれに該当しないと判断したという。

 韓国政府は先月11日の閣議で、4月27日の南北首脳会談で署名された板門店宣言の批准同意案を承認した。
 国会に提出したものの、与野党の対立が続き、批准には至っていない。
     
        
      

    
   
   
posted by manekineco at 05:19| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。