2018年11月16日

闇の中のまま、サウジ検察、皇太子の関与を否定し、カショギ氏殺害で5人の死刑を求刑


 サウジアラビア検察当局は15日、トルコ・イスタンブールのサウジ総領事館内でワシントン・ポスト(Washington Pos 米紙t)のコラムニストで、政府に対し批判的な立場をとっていたジャーナリストの
   ジャマル・カショギ氏
が殺害された事件で、サウジ当局者5人に対し死刑を求刑すると発表した。
 
 一方では、ムハンマド・ビン・サルマン皇太子の関与はなかったと断言した。


 サウジ検察報道官は、カショギ氏は薬物を投与されて死亡し、後に体を切断されたと発表した。
 サウジ当局が同氏の殺害方法について認めたのはこれが初めてのこと。

 報道官によると、サウジ情報機関の幹部がカショギ氏の本国帰還を命じ、またイスタンブールのサウジ総領事館を訪ねた「交渉班の代表」が、カショギ氏の殺害を指示したと断定した。

 また、カショギ氏の遺体の一部が総領事館の外で代理人に引き渡されたことを明らかにした。


 サウジは事件発生当初、総領事館内でのカショギ氏殺害の事実を繰り返し否定しており、先月半ばになってようやく認めたものの、「ならず者」による犯行だと主張していたが矛盾を隠せ切れない状況であった。


 
 
 
     
posted by manekineco at 05:01| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。