2019年02月25日

米国の市民権


娘の米市民権と帰国を認めよ、IS参加女性の父親 米首都の連邦裁に提訴
 
 米大統領の
   ドナルド・トランプ氏
に「米国市民ではない」と宣言されたシリアでイスラム過激派組織「イスラム国(IS)」に加わった米アラバマ州育ちの
   ホダ・ムサーナ(Hoda Muthana)さん(24)
の父親が21日
   娘の帰国
を認めるよう求めて訴訟を起こした。


 ムサーナさんは、ISに参加したことを後悔していると話し
   ISの宣伝活動(プロパガンダ)
を行った扇動の容疑で裁判を受けることを希望しているという。

 なお、トランプ大統領がムサーナさんの帰国を認めないよう指示したとツイッター(Twitter)で明かした翌21日、父親のアハメド・アリ・ムサーナさんは、娘を米国市民と認め、子ども連れで米国に帰国できるよう米首都ワシントンの連邦裁判所に提訴した。

  
  
posted by manekineco at 00:00| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。