2019年02月19日

鄭 夢周(チョン・モンジュ) 「東方理学之祖」と称えられた儒学者


 
鄭 夢周(チョン・モンジュ)

 至元3年12月22日(1338年1月13日) - 洪武25年4月4日(1392年4月26日)

 高麗王朝末の儒学者
 慶尚道永川で生まれ。朱子学を学び、科挙に首席で及第したという。

 高麗末の内憂外患の中、女真族出身の将軍で後に王権を簒奪し理氏朝鮮を建国した
   李成桂
らとともに女真や倭寇(前期倭寇)の征伐に参加し、功績を立てた。

 1377年には日本に赴き、室町幕府の九州探題の職にあった
   今川貞世(了俊)
と折衝にあたった。

 1388年、李成桂が対民政策で軍事クーデターを起こし政権を掌握した。
 李成桂が擁立した新王の恭譲王を支えたが、禅譲を受けて李氏朝鮮王朝を開こうとする李成桂と対立したため、李成桂の子・李芳遠の手に掛かり開京の善竹橋で暗殺された。

 なお、鄭夢周は教育にも力を注いで多くの弟子を育成しており「東方理学之祖」と称えられるようになる。
 

    
posted by manekineco at 00:00| Comment(0) | バイオグラフィー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。