2019年03月08日

致死衛の高いバイオテロを水際で阻止し、拡大させない方策が必要。


 厚生労働省の専門家検討会は6日、国内で致死率の高い
   エボラ出血熱
の患者が発生し、発症後に接触した人が十分に把握できない場合
   患者の移動経路 など
の行動歴を詳しく公表することを決めた。
 患者と接触した可能性がある人に注意を促し感染拡大を抑え
   社会に過剰な不安
が広がるのを防ぐ狙いだ。
 
 4月中にも運用を始める。
 厚労省によると、エボラ出血熱が確定した時か感染の可能性が高い場合、年代、性別、渡航国、感染源との接触歴などを積極的に公表する。
 さらに、接触者が把握できない場合は、発症後に利用した公共交通機関などの詳細な情報を明らかにするとした。
 
 
ひとこと
 
 ある範囲内にある国民の隔離が必要になるが、法的措置を早急に整備すべきだろう。
 エボラだけではなく、天然痘やペストなどを利用した生物兵器を日本国内に散布されれば大混乱が生じかねない。
 
 勝手気ままな自己主張や人権を制限する方策が必要となるし、治安維持法を整備して行く必要もある。
 特に韓国や中国、北朝鮮など反日政策を継続させている国からの観光客に紛れ込み工作を仕掛けるリスクがあり監視活動が必要ともなる。
 
 こうした日本国内の混乱を目論む勢力に支援を与えかねない情報がマスコミで提供されかねない点も意識しておくことが必要だろう。
 
 
    
posted by manekineco at 21:50| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。