2019年04月26日

自転車の多くが中国製


 中国メディア「東方網」は21日、自動車大国のイメージが強い日本において、自転車以上に中国製自転車を愛用する人が多いとする記事を掲載した。

 日本のドラマでは、しばしば
   自転車に乗るシーン
を見かけると紹介した。
 
 普段仕事で忙しく、なかなか運動の時間が取れないサラリーマン層は、自転車で通勤することで体を鍛錬しているのだと伝えた。
 そのうえで、このような日本の特殊な生活習慣が日本ならではの自転車文化を生み、さらに非常に大きなマーケットを生んでいると紹介した。
 
 日本国内で生産されていた自転車が、1990年代以降は
   廉価な輸入車
が増え始め、特に中国製自転車の伸びが大きく、今や輸入自転車のほとんどが中国製になっていると伝えた。
  

ひとこと

 安価な自転車だが、耐久性など日本製の性能までは追いけない。
   


  
posted by manekineco at 00:00| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。