2019年05月09日

ツイート爆弾が炸裂


 米国トランプ大統領のツイート爆弾が炸裂し、対中関税引き上げと、それに対する中国の報復が現実的になった。

 駆け引きでもあり、ホワイトハウスはなお合意を楽観する姿勢を示唆した。
 S&P500種はこうした動きを受け、前日終値を挟んでのもみ合いが続いた。
 個別銘柄ではインテルが取引終了直前に大きく下げ、テクノロジー株に売りが広がった。

   
  

ひとこと

 成果を上げる目論見から経済市場へのインパクトが強いツイートが繰り返されている。
 クレージーな合理主義という指摘もあるが、狂人の思考では交渉は場当たり的であり、影響の広がりが予測不可能にもなる。




posted by manekineco at 07:23| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。