2019年05月11日

人道的支援で兵器の開発を目論む北朝鮮


 韓国情報機関の国家情報院(国情院)は10日、国会情報委員会の委員らに対し、北朝鮮が9日に発射した2発のミサイルについて
   「新型兵器体系の可能性があり、分析が遅れている」
と報告した。
 4日の飛翔体と9日のミサイルが外観上「同一機種のように見える」と分析したうえ
   武器の性能や射程距離、速度、弾道 など
を精密に分析しなければ、同一と確定することはできないと説明した。


 また、今回のミサイル発射は、北朝鮮の
   自衛的な軍事訓練目的
がまずあるとみていると分析し、米韓合同軍事演習や、わが軍の先端兵器の導入発表なども影響を及ぼしたと続けた。


 国情院は今回発射されたミサイルの飛行高度は約40キロで、飛行距離は1発目が420キロ、2発目は270キロと報告した。

 また、北は9日に日本海上に発射したミサイル2発のほか、黄海上にも
   240ミリのロケット砲を発射
したことを明らかにした。

 今回のミサイル発射は昨年9月の
   南北軍事合意の趣旨に反するもの
とみることができるとの見解も明らかにした。 

 なお、今回発射されたミサイルが「弾道ミサイル」であるとする見方については、「弾道ミサイルではないと結論を出したわけではない」と主張したうえ、「韓国全域を射程圏に置くことができる兵器であり、われわれも北の全域を射程圏に置くことができる武器体系を備えている」と強調し、文政権に対する韓国民の反発に配慮した説明を付け加えた。


 北朝鮮がミサイルを発射した意図については
   米国の対北制裁の立場
が飛翔体を発射した4日以降も変化が起こらないことに反発したと分析した。

 また、韓国内部を分裂させようとする目的もあるように思われると指摘したうえ、「ただ、最終的な弾着地点が北の領域内になるようにしたのは、状況悪化防止のためとみられる」と韓国政府の北朝鮮優遇策への反発を抑え込む説明を付け加えたようだ。 

 また、北の軍部内部の不満、住民たちの不満を抑え、内部結束の手段として活用しようとする意図も従来と同様にあるとみているとも説明した。
 さらなるミサイル発射の兆候については、「分析が終わっておらず、話すことができない」と締め括った。


ひとこと

 恫喝的な姿勢が消えない北朝鮮であり、食糧支援も本来必要な費用を核兵器等の開発につぎ込んでおり、資金の負担を「人道支援」というもので補おうとする姿勢でしかない。
posted by manekineco at 06:38| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。