2019年05月21日

オートパイロット機能で死亡事故が起きた影響


 米国の証券会社ニーダムのアナリスト
   ラジビンドラ・ギル氏
はリポートで、米電気自動車(EV)メーカー
   テスラ
の運転支援システム「オートパイロット」使用車の死亡事故に関する米運輸安全委員会(NTSB)の最新報告を挙げ、「マスク最高経営責任者(CEO)が誇る自律走行支援機能への疑問を抱かせる可能性がある」とリポートで述べた。
  
 オートパイロット機能は競合他社との差別化、ひいては高バリュエーションに欠かせない要素だったと説明した。
 この機能に安全面の問題があるとの示唆は、テスラのブランド価値と株価を損なう恐れがあると指摘した。
   
   
  
posted by manekineco at 08:03| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。