2019年05月23日

ロシア機が米防空識別圏に進入


 北米航空宇宙防衛司令部(NORAD)は21日、アラスカ州西部沖の
   防空識別圏(ADIZ)
にロシアの戦略爆撃機など6機が進入し、米軍機が追跡などの対応を取ったことを発表した。
 NORADによると米軍のF22戦闘機2機は20日、ロシアのTU95戦略爆撃機2機を捕捉・追跡。続けて進入した2機のTU95とSU35戦闘機2機にも対応したという。


 NORADのテレンス・オショーネシー総司令官は、「わが国の市民や重要インフラへの脅威を阻止し、打破する力は探知し、追跡し、そして領空内の航空機を積極的に識別することから始まる」「われわれは24時間365日警戒に当たっている」と強調した。
  
 米国には4つの防空識別圏があり、アラスカでは沿岸からおよそ320キロの範囲に設定されている。



ひとこと


 ロシアの情報収集の一環だろう。
  


  
posted by manekineco at 08:33| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。