2019年05月25日

無駄の極致


 北海道出身で、対ロシア外交に詳しいことで知られる政治団体「新党大地」代表の
   鈴木宗男元衆院議員
は25日、札幌市での講演後に記者団の取材に応じ、戦争で北方領土を取り返す是非などに言及し、日本維新の会を除名された
   丸山穂高衆院議員
を「国会議員が戦争という言葉を使ってはいけない。申し訳ないと思うなら出てきておわびするべき」と批判した。


 鈴木氏は丸山氏が病気を理由に衆院議院運営委員会理事会の事情聴取を欠席したことに対し
   「説明責任を果たさず無責任だ」
と指摘した。

 また、国会議員としての自覚と反省を求めた。


ひとこと

 発言した時角もないこと自体が問題であり、口から出たことを主張するのであれば、事情聴取で主張すればいいだろう。
 こうしたことも出来ないような発言に責任を持てない様な政治家は一番嫌悪すべき輩でしかない。

 日本の政治家の質の低下は著しく、こうした状況を考えれば代議士の数は半分が不用であり、議員定数の半減をすべきだろう。
 議員が半減すれば、質の悪い与野党の代議士の影響を受けている国家公務員も同様に大幅に削減できることになる。

 民主主義は無駄の塊といった指摘もあるが、それにしても無駄の極致が多すぎる。
 これでは大きな揺り戻しが起きかねない。


posted by manekineco at 19:06| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。