2019年05月29日

思考は独裁者


 米国ホワイトハウスのサンダース報道官は26日、トランプ大統領の日本訪問に同行中、米NBCテレビの番組「ミート・ザ・プレス」のインタビューに応じ、トランプ米大統領と北朝鮮の
   金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長
が「ジョー・バイデン前副大統領に対する評価で見方が一致している」と述べた。
 北朝鮮国営の朝鮮中央通信(KCNA)は21日、来年の米大統領選に出馬表明した民主党の有力候補バイデン前副大統領が、金正恩委員長を冒涜する発言をしたとして厳しく非難した。
 
 バイデン氏はこれまで北朝鮮に批判的な姿勢を取ってきた。
 サンダース氏は「大統領はジョー・バイデン氏に対する誰かの見解を必要としない。大統領はこれまで独自に評価を下してきた」と話した。
 これに対しバイデン陣営は、サンダース報道官の発言には新たな声明は出さないと説明した。
 
 
ひとこと
 
 北朝鮮を大統領選挙の駒としているのだろう。
 ロシア疑惑は晴れている状況ではなく、支持率の低下は続いている。
 米国民の意識を外部に向け、リスク醸成による支持率回復を目論む動きがいろいろ出てきている。
 
 北朝鮮問題は核兵器など大量破壊兵器の性能向上を図る時間的余裕を与えているに過ぎない。
 
 米軍の権益の拡大は軍産複合体制では兵器の売却が重要であり、日韓は数倍の値段を吹っ掛けた武器を購入してくれる労働生産性の高いモノの売り込み先でしかない。
 自主開発する能力がある日本企業の手足を縛り、利益を出させないような取り組みは戦後続いている。
 
   
posted by manekineco at 00:00| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。