2019年05月31日

後継計画を立てないままの辞任は無責任


 米国大手金融機関のJPモルガン・チェースの
   ジェイミー・ダイモン最高経営責任者(CEO)
は、同業ウェルズ・ファーゴがCEOの後継計画を立てないまま
   ティム・スローンCEO
の辞任を発表したことは「無責任」だと批判した。

   
 ダイモン氏は28日、ニューヨークでの銀行関連の会議で「規制当局がそうした状況を望んだとすれば驚きだ。無責任だからだ」と指摘。スローン氏辞任の理由については全く分からないと語ったもの。
  
 ウェルズ・ファーゴでは、アレン・パーカー法律顧問が3月に暫定CEOに就任した。
 社外での正式な後任探しは現在も続いている。


 ファーゴでは、過去に起きたさまざまな不祥事を巡り連邦議会で批判が高まっている。
 こうした状況の中スローン氏がCEOを突然辞任した。

 この辞任発表の時点では、後継候補に関する正式な協議は始まっていなかった。
  
 なお、ウェルズ・ファーゴのCEO探しでは、ダイモン氏の後継候補とされる人物の名前も複数挙がっている。
 ダイモン氏は先週、優秀な幹部が競合他社に奪われないか懸念していると述べていた。
  

     
posted by manekineco at 00:00| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。