2019年05月29日

ラオス政府が韓国の建設会社が請け負ったダムの決壊は「人災」と結論


 
 韓国のニューシスは、昨年7月にラオスで発生した
   ダム決壊事故
について、SK建設の施工不良により発生し
   「天災ではなく人災だった」
との調査結果が発表されたことを伝えた。


   

 ラオス政府は、水力発電用ダム
   セピエン・セナムノイダム
の補助ダムの一部が崩壊した理由について、
   「ダムの基礎地盤」
である土砂層に漏水が発生して正常に機能せず、補助ダムの
   「バランスが崩れて円弧状に崩壊した」
とする調査結果を発表した。

 これに対しSK建設は「科学的、工学的根拠がなく、同意できない部分が多い」と反発した。

 同社関係者は「漏水により円弧状に崩壊したのなら、事故前にダムの下段で土砂流出が目撃されているはずだが、そうした事実はない」などと主張した。


ひとこと

 韓国の国民性を端的に示すものだろう。
 手抜き工事でビルが倒壊し、橋は崩壊するお国柄だ。

   

   
   
 金儲け最優先で、日本の技術者を雇用して技術を導入してしまえば、用無しで使い捨てにしたことも忘れるべきではない。
 韓国の政治姿勢自体が集り体質が強く、日本が補償金として引き渡した半島内の資産を食いつぶしてしまってから、ちゃぶ台返しの金銭要求をするのではまともな合意でも空手形になり意味はなくなる。


   
    
posted by manekineco at 17:49| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。