2019年05月31日

インドはレアアース埋蔵量で世界5位の位置

   
 中貿易戦争の激化に伴い、中国が米国への対抗措置として
   レアアース(希土類)
の輸出を抑制すれば、電気自動車やドローン、ロボットで使われる磁石のメーカーなどレアアースに頼る米企業は供給確保に向け奔走を迫られる可能性が高い。

 米地質調査所(USGS)によるとインドはレアアース埋蔵量で世界5位の位置にある。
 これまで中国との国境問題で何度も戦闘が起きており、地政学的にも政治的にも中国に対抗できる存在だ。

 中国が政治戦略として07年に出荷規制を実施した際、インドなどが国内投資・生産を競って拡大し世界的な供給不足の穴を埋める動きをした。

 また、ブラジルとベトナムのレアアース埋蔵量はそれぞれ約2200万トン。
 両国とも、中国の安値攻勢で経費の問題化ら鉱山開発は遅れ、石油開発を優先しいた。

 ベトナムは産出量を昨年倍増させたものの、わずか400トンだ。
 また、ブラジルは1000トンと、前年の1700トンから産出を減らした。



   
posted by manekineco at 07:06| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。