2019年06月26日

知的水準が低い権力者


 トランプ大統領は25日、「イランが米国に対して少しでも攻撃すれば、偉大かつ圧倒的な力で迎え撃つ」とトランプ支持の米国民向けについーを投稿したうえ、「一部地域では、圧倒的というのは消し去ることを意味する」と続けた。


 ただ、トランプ大統領がイランの最高指導者
   ハメネイ師
らに制裁を科したことを受け、イランは「外交の道が閉ざされた」と言明した。

 数日前には米海軍無人偵察機が攻撃され、中東地域は戦争の瀬戸際に追い込んだ。
  
 イランのロウハニ大統領はトランプ政権について「知的障害」を患っていると述べた。
 ただ、ペルシャ語からのより正確な翻訳では「米国人は混乱し、奇妙な行動を取っている。政治の歴史において賢い人間は誰も取らなかった行動だ。ホワイトハウスは精神疾患に見舞われている」と意味が変化しており、意図的に偏向的な情報に解釈を変えて情報の偏向が行われているようだ。


 また、トランプ氏はツイートで、「イランは非常に無知で、きょう出てきた侮辱的な発言は彼らが現実を理解していないことを示しているにすぎない」と述べた。


ひとこと

 幼稚な思考で巨大な米軍の最高指揮官になっているトランプに対する米国内の知識階層からはこれまでもたびたび批判が出ており、多数のトランプ政権の要人が愛想を尽かして辞任している現実を直視すべきだが、裸の王様には理解できないのだろう。
 
 知的水準が低い権力者に媚びる日本もどうにかしているともいえる状況だ。
 ロシア問題でトラブルを起こした代議士も責任の取り方すら出来ない。

 やはり質の悪い代議士が多のが問題であり、数を半減したうえ報酬を倍にあげた方が国益に良いことだろう。 
 安い報酬の代議士を多くするのは質の低下を促し、野党の質も下げるだけだ。
  


posted by manekineco at 06:19| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。