2019年07月27日

空から15キロの物体が水田に落下?


 インド東部ビハール州マドゥバニ県の村に22日午後、煙を上げながらサッカーボール大の薄茶色の隕石とみられる物体が水田に落下し、農家らを驚かせるた。

 農家らが水田で作業をしていた時に、この重い岩がものすごい音を立てながら空から落ちてきたという。

 煙が鎮まってから現場に戻った村人らは
   深さ約1.2メートルの穴
ができているのを発見。そこから岩を取り出した。

 非常に強い磁性を持っており、一部には光沢もあり、重さは約15キロあったという。

 なお、同国では2016年にも、南部タミルナド州の当局が、隕石によりバスの運転手1人が死亡、3人が負傷したと発表している。



    
posted by manekineco at 02:00| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。