2019年07月30日

南アの格付けは、さらに悪化する恐れ


 格付け会社フィッチ・レーティングスは26日、南アフリカの格付け見通しを「ネガティブ(弱含み)」に引き下げた。
 南アの格付け見通しはこれまで「安定的」だったが外貨建ておよび自国通貨建て国債の格付けは、いずれもジャンク級の「BB+」で据え置かれた。
 
 ただ、南アの格付けは、さらに悪化する恐れがある。
  
 この見通し変更についてフィッチでは、「国内総生産(GDP)の成長率低下と国有企業助成を含む歳出増加によって、財政赤字が著しく拡大したことを反映した」と説明した。

 なお、南ア政府はこれより先、債務に苦しむ国営電力会社エスコム・ホールディングスに590億ランド(約4500億円)を追加支援すると発表していた。
  

     
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ 
      
  

     


 
posted by manekineco at 00:00| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。