2019年09月07日

次期大統領はトランプではないだろう。


 ニューズウィーク(米誌)は27日、「トランプ大統領は農家の支持を失っている」と伝えた。


 この記事によると、米国の全国農業者組合(NFU)はトランプ大統領による関税引き上げについて
   「事態を改善するどころかますます悪化させている」
との考えを示した。
 
 
 同組合が先週に発表した声明では、「米国政府は農業における既存の問題を解決していないばかりか、新たな問題をもたらしている」と非難したという。
 また、ノースダコタ州でムギやヒマワリを栽培している農家を紹介したうえトランプ政権発足後、生活は苦しくなっており
   40万ドル(約4234万円)の損失
を出したと話したという。
 
 
 この農家はCNNに対して、「昨年の収穫期に利益の出ない低価格で大量の食糧を販売したが、その後、地元の市場価格はさらに下がった」と話したという。

 さらに、前回、トランプ大統領を支持した米国の農家が、2020年の大統領選で再び支持するようなことがあれば、それは愚かである以外の何ものでもないとの見方を示したことも伝えた。
 
 なお、トランプ大統領が農場地帯で100%の支持を失わないのであれば、それはその地元の人は狂っているということと指摘した。
 農家にとっては決して良いことではないからだと続けたとのこと。
 
 オハイオ州のマメ農家では「対中貿易戦争」によって、トランプ大統領に再び投票することはないとの見方を示した。
 
 「前回はトランプ氏に投票した。しかし、彼はダメだった。貿易問題ではすでに失敗している」と語ったと伝えた。
 
 
   
posted by manekineco at 01:00| Comment(0) | 株銘柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。